2010年 06月 30日 ( 1 )

即断する時ではない

会社の契約更新の打診の頃
ちょうどクリニックに通い出し
先生からは


(うつだから)今は大きな決断をしてはいけません

と言われた


今もきっと変わってない


訴訟の相談をしたら…



メリットとデメリットがあり今は(先生も)決めれないと


インフルエンザの患者に出社命令できないのと同じ理由だと


確かに今の健康状態や精神の不安定さからすると
訴訟という行為は困難だと自覚してる


だから健康な状態の時に
手続き方法やその難易度など
要するに先ずは自分にとってそれが損か得か考えてくださいと言われた


時間が掛かるかも知れない…


何故かと動機を尋ねられた

私は在職時に部下を救えなかったし
退職したから次のターゲットの部下も守る事ができない

実際解雇され体調の変化についていけず
苦しいけど働けていたおかげで
うつを甘く見てしまってた


直接何かが変わる事がなくても
被害を訴える事で、未然に防ぐ事ができるかもという正義感と
自己表現をしたい欲求
同じ苦しみを味わっている人の救いにもなれたら…
とも思う


今はカメラも持てず療養という名のもと
相当なフラストレーションに陥ってる


写真でなくてもいい
絵でも文章でも何でもいいから
何かを表現したい



という本質を導いて頂いた


若くて可愛いのに
相当切れる先生だ

説明の例えも分かりやすく
時間を共有するだけで癒される


会う前は、緊張と不安で吐き気がするのに…



いつもありがとうございます
今日は普通の社会人並の生活で昼寝はしてないから
よーく眠れるかな?
[PR]
by acosaru | 2010-06-30 20:52 | 雑記

↑似顔絵はSHINさんに描いてもらいました どうもありがとう! 日々感じた事を気が済むまで  文章に変換してます


by acosaru