脳内麻薬?

毎日毎日、作文を続ける。

一向に文章力は向上しないけど、
それでも結構楽しい。

どうにかなりそうな程
頭から「書く」事が離れない。

苦しいのだけど、決して嫌ではない。

「推敲」って程ではない作業をした。
過去に書いたものを
一か所に寄せ集めて
書式の統一とか、そういう細かな事をしながら
ひと塊の物を完成させた。

バラバラに「作りっぱなし」の時は
散らばった物たちに対して
若干ストレスを感じていた。

中途半端な物を、とっ散らかして放置している
何とも言えない失敗感・敗北感があった。

ただそんなゴミくずを集めて編成し直しただけなのに
気持ちがスッキリした。

ゴミくずでも、過去の自分が分からないなりに
一生懸命書いたもの。

文字色、段落、タイトル・見出しの付け方
何を意図してそれを書いたか?

そんな過去の自分に対面した。


ずっと頑張り続けたから、
過去を「ゴミ」だと評価できる
今の成長があったんだ。
たとえそれが、ほんの微々たる成長でも
少しずつ良くなっている。


もう何日も何日も、自分の文章・思考に向き合い
ちょっと自分が好きになった。


元々ナルシストっぽい面は持っていたけど、
根拠のない「自分好き」ではなくて、

「人として、まっとうに頑張っている自分」を
素直に好きだと感じたのは、
きっと脳内麻薬でも出てたんだろう。

ランナーズハイみたいな・・
この場合なんて言うんだろう?

ライターズハイ??
[PR]
by acosaru | 2016-11-18 19:25 | 気ままに参上!

↑似顔絵はSHINさんに描いてもらいました どうもありがとう! 日々感じた事を気が済むまで  文章に変換してます


by acosaru