お兄ちゃん

長女だから無い物ねだりで
お兄ちゃんが欲しかった


少女マンガに出てくるような
スポーツ万能でお勉強教えてくれる
賢いカツオ君みたいなのが理想


父親からの愛情を渇望してたから?


相手にお兄ちゃんの部分を見つけると
頼りたいなと思ってしまう


昔の恋人は長男で、年下なのに私が甘えてしまった

弟達の話を聞き、弟が羨ましかった
勉強教えたり、ちょっと偉そうに命令したり
一緒にゲームで遊んだり…


夜中に自転車の後ろに乗り
スピード上げて道路の真ん中を走られた時


その若さとスピードが本気で恐くてしがみついた


車やバイクが好きで
エンジンの音に詳しい彼の
マニアックさも好きだった



今の友達は皆、年上
安心して兄と思える


年齢たけで判断できないけど
ガキっぽいのは疲れるので
自然に疎遠になる




今日も半日は頭痛が半端なく眠るしかなかった

昼過ぎに大好きなパン屋さんへ買い出し

せめて美味しい物を食べて
面白みのない療養生活に
華が欲しかった


せっかく外に出れたから
ゆっくりお茶を飲みたくなった


少し辛いけど、この間のカウンセリングの内容をノートにまとめた
そしていつものように友達にメール



少しずつ過去と折り合いをつけながら
前へ進もうとしてる
でもふと思った



会社を訴えようかな


私の中ではうつ発症のきっかけだったかもしれないけど
ハラスメントを受け職を失い
未だ治療を続け、次に働けるかという不安を抱えてしまったのは事実

訴訟というのも一つの表現だと思う



結果がどうあれ、事実を突き付ける事で
次の犠牲者を防ぐ事もある
実際私の受けた言動は
その人の権限を越えた
明らかな嫌がらせだから

取り敢えずよーく眠って
また明日続きを考えよう
[PR]
by acosaru | 2010-06-19 21:57 | 雑記

↑似顔絵はSHINさんに描いてもらいました どうもありがとう! 日々感じた事を気が済むまで  文章に変換してます


by acosaru